【第33話】沈黙を楽しめるか、苦痛か。

「お見合いや交際中、沈黙するのが怖いんです。」

よくいただくご相談です。たしかに沈黙は気まずい。私もどうしても相性が合わないと思った人は、沈黙になってしまうことがあります。ただ、その沈黙が気にならない人もいます。自然体で「間」として、楽しめる人もいるのです。

なので「沈黙が気になる」「気まずい「次に何を話しをしたらいいのか分からない」と思ってしまうお相手は、根本的に相性があまり良くないのかもしれません。

無理して次に何を話そうか考えなくても、ポンポンと話題が膨らむ人。こう言う人が「運命の人」の要素の1つだと言えると思います。