【Vol.51】ご成婚の声

深田さま(仮名)

当 会 員: 女性(31歳・初婚・大学卒)
お住まい: 東京都
ご職業: 会社員
活動期間: 6ヶ月
交際期間: 2ヶ月

藤岡さま(仮名)

婚約者: 男性(30歳・再婚・大学卒)
お住まい: 東京都
ご職業: 会社員(年収500-600万円)

深田さんの活動実績

深田さんのご成婚までの流れ

【お見合いから成婚退会までの流れ】
・活動開始:5月15日(金)
・お見合い成立:9月4日(金)
・お見合い日:9月20日(日) 丸ノ内ホテル 8階 ポム・ダダン
・3回目:10月25日(日) 真剣交際成立
・6回目:11月8日(日)  プロポーズ
・13回目:11月30日(月):成婚退会

ブライダルパートナーズに入会していただくにあたり、入会動機を教えていただけますか。

ブライダルパートナーズさんにお世話になる前、3年ほど前にIBJに加盟している大手の結婚相談所で1年ほど活動をしていた経験がありました。

以前の結婚相談所を退会後、しばらくは結婚相談所以外の方法(友人からの紹介等)で婚活を継続しておりましたが、結婚に繋がった出会いはありませんでした。

当時まだ20代だったこともあり、気持ちに余裕ができたら活動をしようと思い、しばらく趣味や友人との時間を優先して過ごしていました。

30代になってから周りの友人たちが結婚し始め、そろそろ婚活を再開しようと思い、ネットで婚活に関する情報を調べていたところ、男性が警察官限定の婚活イベント「警察良縁会」が浅草で開催されていることを知り、お申込みをしました。

その際、主催者の中島さんがとても親身に対応してくださり、信頼できると思ったので、少し経ってから問い合わせをして、入会をさせていただくことにしました。

以前の相談所様での活動とブライダルパートナーズでの活動の取り組み方の違いや変化について教えてください。

前回と活動と比較して、結婚に対する優先度の違いが大きかったように思います。前回はカウンセラーさんにあまり相談することはなかったのですが、今回の活動では1年以内の成婚退会を目指して活動をしていたので、お見合いや交際の進め方について、母から意見を聞いたり、中島さんからアドバイスをいただきながら活動を進めていたのが、自分にとっての大きな変化でした。

また、活動中は友人や趣味との時間よりも、婚活に費やす時間を最優先に考えていたので、友人から出かける誘いがあっても、「不確定な予定があってスケジュールをたてにくいので落ち着いたらまた連絡するね。」と伝えていました。結果的に土日のスケジュールに余裕を持てたことで、藤岡さんとは毎週末にお会いする約束ができました。

【お見合い場所】
丸の内ホテル 8階 ポム・ダダン
待ち合わせ時間:11時

藤岡さんと初めてお会いした時の印象はいかがでしたか。

言葉で表現しにくいのですが、「この人は他の人と違う」と直感的に感じ、安心して話しやすい男性だと思いました。

また、藤岡さんが再婚ということもあり、具体的に結婚に関わる質問をしてくださり、私が不安に思っていた料理に不慣れなことについて、「少しずつ慣れていけばいいから、気にしなくて大丈夫ですよ。最近は便利な家電が多くありますし、自分に出来ることは助けます。一歩一歩、一緒に成長していきましょう。」と、優しい言葉を投げかけてくださり嬉しかったです。

 【補足情報】お見合い後、早々にお互いの相談所に交際希望の報告をされ、当日の夕方に仮交際が成立しました。

藤岡さんとの一番の思い出を教えていただけますか。

一番の思い出は、プロポーズをしていただいた日になります。当日、藤岡さんのご自宅に伺った後、銀座のレストランでプロポーズをしていただいたのですが、事前にフォーマルな服装で出かけましょうと伝えてもらっていたので、「婚約指輪の下見に行くのかな?」と思っていたところ、まさかのプロポーズでした。

「Will you marry me?」とチョコレートで書かれたデザートプレートと共に花束をプレゼントしていただき、「Of course, I will.」とお返事をさせていただきました。

私との面談をどのようなタイミングで活用していただいていましたか。

私の場合は、まず同居している母に相談をした時、何か迷いがある時に中島さんに相談をするようにしていました。気持ちがモヤモヤしている時や、どうしたらいいのか分からない時に具体的にアドバイスをしてくださり助かりました。

「どのようなプレゼントを用意したらいいのか」「どのような服装でデートに出かければいいのか」などの解決策や、気持ちが落ち込んでしまった時に泣きながら相談をしたこともあったのが懐かしい思い出になっています。

深田さんの面談回数:12回(おおよそ月に2回)
(活動期間:2020年5月〜11月)

最後に活動中の女性にメッセージをお願いできますでしょうか。

活動中、「結婚に対するお相手の真剣度を知る方法はありますか?」と中島さんに質問をさせていただいた際、「お見合いでの会話で、いつ頃の成婚退会を目指されていますか?と聞いてみてください。」と教えていただいたことを心の片隅におきながら、活動をしていました。

また、会話の内容をよく覚えておくこと。できればメモに残しておくことが必要です。例えば、お相手が好きな食べ物だったり、興味があること、行ってみたい場所を覚えておくことで、デートにつながる話題に出来ると思います。

2回目のデートでは、私が水族館に行きたいという話を藤岡さんが覚えてくださっていて、提案してお誘いくださいました。

あとは、私たちの場合は、最初から毎日LINEで連絡のやり取りをしていました。会えない時にコミュニケーションを取ることも大切だと思います。

デートのお食事代はいつも藤岡さんがお支払いをしてくださっていたので、お茶代は私が払うようにしたり、お礼にプレゼントを用意することを心がけていました。いつもご馳走してもらうのは申し訳なく思ってしまうので、一緒に行きたいと思っていたディズニーのペアチケットをプレゼントして喜んでもらえた時は嬉しかったです。

それと、男性への参考になると思うのですが、藤岡さんはデートの待ち合わせ時間よりも早く到着され、待ち合わせ場所からお店までの道のりの予習をしてくださっていて、道に迷うことなくエスコートしてくださったことに感激しました。