婚活応援コラム Column

第95話:【男女共通】ファーストコールの基本

お見合い後、お互いに「またお会いしたい」と希望があった場合、相談所から双方に連絡先をお伝えした後、当日中に男性から女性に電話(通称:ファーストコール)をしていただく流れになりますが、最近ちょっとしたトラブルが多いです。

最近、相談のあった事例一覧です。

・当日中に男性から電話がない。
・2〜3回かけても女性が電話に出ない。
・留守電に入れても、女性から折り返しの電話がない。
・事前に女性にショートメールで希望時間を聞いても、返事がない。
・(男女共に)電話対応があまりにも素っ気ない。
・電話から聞こえてくる音や騒音がうるさい。
・早めに再会をしたいが、なぜか1ヶ月先まで予定が埋まっている。

など、無意識かと思いますが、配慮に欠ける事例が増えてきました。

男性は必ず、当日中に電話をしましょう。
事前にショートメールで希望時間を聞いた方が、丁寧かと思います。

また、女性は電話に出られなかった場合でも当日中に折り返しの電話をしましょう。
希望の時間があれば、自分から男性に希望時間についてショートメールをするか、
私たちに希望の時間をお知らせください。当日中に電話に出られない場合も同様です。

必ず静かな場所でという訳にもいかないかもしれませんが、できる限り静かな場所で電話が出来ることが望ましいです。

また、再会は1週間以内を心がけましょう。
時間経つとお互いに再会のモチベーションが下がります。

初回の再会は基本的にカフェでお茶やランチの2時間程度ですので、土日に2時間くらいは空けましょう。先日、「なぜか女性の土日が1ヶ月先まで終日埋まっており、再会する気持ちが失せました。」というご相談がありましたが、このような女性は婚活の優先順位が他の予定よりも低い証拠なので、1度お会いして交際を終了した方が無難です。

交際成立後、自己都合により1度も会わずに交際終了を申し出る場合は違約金2万円が発生しますが、あまりにも相手の都合で予定が合わない場合は、違約金なしでの交際終了の交渉が可能です。

お互いに気持ちよく再会ができる心がけをしていきましょう。


ファーストコールの会話については下記の記事を参考にしてください。

第3話:男性からのファーストコール3つのポイント
https://www.bridalpartners.jp/?p=11627

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。