• 電話番号・営業時間

    050-3735-2525

    営業時間 10:00〜20:00 定休日 火曜日

  • お問い合わせはこちら

  • 入会相談

成婚応援コラム Column

第48話:婚活の優先順位が1番になっていますか。

受験や資格試験の期間中は、趣味や部活よりも勉強の優先順位が1番であり、就活中の優先順位は勉強や恋愛よりも就職に対する優先順位が1番だと思いますが、婚活となると、人によって優先順位に大きな差があるように思います。

結婚相談所に入会される方は、婚活への優先順位が比較的上位になりますが、それでも優先順位が1番の人と2番の人では、活動の質に大きな差が出るように思います。(あくまでも勤務時間外の優先順位であることをご理解ください。勤務時間内は社会人として仕事第1でお願いいたします。)

お見合いの日程調整やデートの約束をする際、婚活の優先順位が1番の人はトントンと日時が決まっていきますが、優先順位が2番以下の人はなかなか日時が決まらず、結果的にズルズ
ルと時間が過ぎてしまう傾向があります。

過去には、お見合いやデートよりも趣味や友人との約束を優先される会員様が数名いましたが、この方々の優先順位は、趣味が1番であり、婚活が2番。やはり結果的に活動がズルズルと長引き、途中で休会や退会になってしまったことが残念で仕方ありません。

けっして、友人との約束や趣味の時間をなくして欲しいということではなく、友人にもご理解をいただいたうえで、成婚に至るまでの短期間だけ婚活に集中することが重要だと思うのです。まずは優先順位を見直すことが、成婚につながる第一歩になると私は考えています。

中島 賢太郎

執筆者:中島 賢太郎

2010年に創業。東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学 情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始める。25歳の時に結婚相談所を開業。ほぼ独学で実績を積み、担当する会員の6割以上を成婚に導く。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型(日本橋・神田・浅草エリア中心)の婚活支援に意識を向け、神田明神の協力を得て開催をする「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会」などを主催。