【第31話】成婚力の差は、決断力の差

成婚に近い、遠いの差を私は「成婚力」と名付けますが、この成婚力の差の1つに、「決断力の差」があります。成婚力が高い人は、決断スピートがとにかく早い。悩む場合も、相談するか自分で決めるか決断するスピードが早いのです。

この成婚力の差は、入会説明の段階で判断することができますが、過去に成婚された方の9割以上は、説明から1週間以内に入会を決断されています。煽る訳ではありませんが、統計で結果が明らかなのです。

なので、私が担当させていただいている方の中で、仮に現時点でご縁に恵まれていなかったとしても、入会説明から入会まで1週間以内に決断された方は、ベースとなる成婚力は高いと私は考えています。

すでに活動中の方ならお分かりだと思いますが、結婚相談所での活動は決断の連続です。

・申し込みをする / しない
・お見合いをする / しない
・お見合い日時をいつにするか
・お見合い後に仮交際をする / しない
・交際を継続する / しない
・真剣交際を申し出る / しない
・成婚退会をする / しない

など、決断をしなくてはいけないことが多々出てきます。その為、決断が早い人の方が、成婚が近いと言えますし、自分の意思が明確なので、良くも悪くも活動の展開が早い傾向があります。

活動中に悩むことが色々と出てくると思いますが、悩んだ時に面談に来る・来ない、メールで相談する・しないの差も大きく、私の経験則でいえば、成婚力が高い人は面談数や連絡の数が多いです。悩んだ時こそぜひお気軽に私たちをご活用いただけたら嬉しいです。