婚活応援コラム Column

【第163話】カジュアル写真の目的とおすすめの掲載写真

IBJS(IBJ会員システム)には、所属の相談所が掲載可能な公式写真(最大2枚まで)と会員様がアプリ経由で掲載可能なカジュアル写真(最大3枚まで)の計5枚のプロフィール写真により、ご自身の魅力を伝えることが可能です。

カジュアル写真に関するご質問をいただく中で、1つ言えることは、カジュアル写真はあくまでもプロフィール写真として、プロのカメラマン・ヘアメイクによる魅力120%の公式写真と実物のご本人の差異を極力無くすことが最大の目的だと私は考えています。付加価値として、趣味のアピールや話題づくりの効果があると言えるでしょう。

度々ご報告をいただきますが、公式写真と実物のご本人に悪い意味で差異が大きければ大きいほど印象が悪くなる可能性が高く、あまりにもかけ離れていることにより、待ち合わせ時にお相手にご迷惑をおかけする可能性もあります。

その為、そもそも公式写真で実物とご本人との印象に差異を極力なくすことが大切ですが、さらにカジュアル写真を追加することで、実物のご本人との差異を極力なくし、また、親近感がわく旅行先での写真や趣味をしている時の写真などでアピールになります。

カジュアル写真に景色や食べ物のみの写真を掲載されている方を見かけますが、こうした写真は「みんなのフォト」にコメント付きで掲載をし、カジュアル写真はご本人が写っている写真が望ましいでしょう。どうしてもご本人が写っている写真がない場合は、これから出かけた先や趣味をしている時の写真などをどなたかに撮影してもらうことを心がけていきましょう。

それでも写真がないというの場合は、何かアピールや話題につながる景色や食べ物の写真の掲載をするしかありませんが、その場合は自己プロフィール内に「1枚目:●●です。」「2枚目:●●です。」「3枚目:●●です。」と、写真を通じて何を伝えたいのか明記することを推奨しています。(カジュアル写真にコメントが付けられない為)

お見合いをしてみて、あまり話題にならなければ他の写真に変更してみるなど、カジュアル写真は気軽に変更ができるので、臨機応変な心がけが大切だと思います。

どのような写真をカジュアル写真に掲載したらいいのか分からないという会員様は一緒に考えさせていただきますので、お気軽にお申し付けください。

ちなみに、もし私がプロフィール写真(公式写真2枚+カジュアル写真3枚)を掲載するとしたら仮定して考えてみました。

 

1枚目:中学時代から趣味としているレーシングカート
2枚目:日本で一番好きな酒蔵
3枚目:尊敬する実業家の岩崎弥太郎さん像
4枚目:趣味のシーカヤック(3枚目の写真と迷います。)

【目的】
1枚目:モータースポーツは女性から敬遠されがち(経済的負担が大きい&興味がある人が少ない)ですが、人生に欠かせないのでPR目的
2枚目:日本酒好きなので、出来たら日本酒好きな方とご縁があればという話題目的
3枚目&4枚目:高知県は旅行先で一番好きな場所なので、旅行に関する話題目的

悩んだ写真として、ペットやディズニー、サーフィンの写真もありましたが、ペットは犬が苦手な方もいますし、ディズニーやサーフィンはたまに行く程度で、さほど詳しい訳ではない為、心から趣味にされている方には失礼だと思ったのでやめました。

まとめ

カジュアル写真の目的は2つだと考えています。
①プロのカメラマンによる写真と実物の差異を極力なくすこと
②趣味のアピールや話題づくりの効果

カジュアル写真はすべての会員様が無料で利用できる効果的なPRツールだと思います。ぜひ有効活用し、お見合い成立率・交際成立率のアップにつなげましょう。

執筆者:中島 賢太郎

【2019年上半期&下半期 IBJ入会優秀賞・成婚優秀賞 ・2020年上半期 IBJ入会成長賞 受賞】東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月に当時のIBJ史上最年少の加盟代表者としてブライダルパートナーズを設立。2019年の成婚率68.4%達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や警察官専門の縁結び会「東京都警察良縁会」などを主催。