婚活応援コラム Column

【第155話】オンラインお見合いで成功する9つのポイント

「Zoomお見合いの4つの流れ」「Zoomお見合いの3つの注意点」「Zoomお見合いを成功させる7つの秘訣」についてまとめましたので、ぜひ参考になりましたら幸いです。少しでも不安な会員様は何度でも練習会をおこなわせていただきますので、お気軽にお申し付けください。

【Zoomお見合い4つの流れ】
① ホスト側の結婚相談所がZoomミーティングのURLを作成し、URLを双方会員に送る。
② 当日、指定時間になり次第、ホスト側の結婚相談所が音声とカメラのチェックをおこなった後、オンラインお見合いを開始する。
③ 終了時間になり次第、ホスト(担当相談所)が「そろそろお時間です。」という終了のアナウンスをし、お互いにお礼を伝え終了。(相談所によって終了の挨拶がない場合があります。)
④ 結果報告は通常のお見合いと同様に翌日13時までに報告をする。

【Zoomお見合い3つの注意点】
① 必ず結婚相談所に音声とカメラのチェック、操作説明を受けましょう。これまで「音声が出ない」「画面の向きが横になっている」など、開始後にバタバタされる事例が何度がありました。あらかじめ練習をしておくことで落ち着いて会話ができます。

② 慣れていても5〜10分前のログインがおすすめです。通常のお見合いと同様、先にお待ちいただいていた方が良い印象があります。指定時間ぴったりにログインされるのは、平常時のホテルでのお待ち合わせで待ち合わせ時間ぴったりに現地にお越しになられるのと同じと言えます。

③ あらかじめ時間を相談所に確認をしましょう。Zoomの無料版の制限は40分間、有料版は無制限です。相談所によって有料版を利用していない場合があるので、40分なのか1時間なのか確認をしておいた方が安心して会話ができるのでおすすめです。ブライダルパートナーズは有料版を利用していますので、1時間のお見合いとなりますが、40分をご希望の会員様はお気軽にお申し付けください。

【Zoomお見合いを成功させる7つの秘訣】
① 服装やメイクは通常のお見合いと同じ意識を持ちましょう。
通常のホテルでのお見合い同様に男性はスーツ、女性は華やかな装いをしましょう。カジュアルな私服はNGです。また、男性は上半身がスーツにネクタイ、下半身がパジャマの方を見かけますが、それは良しとしてもパジャマは絶対に見えないように配慮しましょう(笑)

② 背景はシンプルにしましょう。
背景に生活感が出やすいです。特に部屋が散らかっている場合は注意が必要です。背景や光加減を意識すると好印象につながると思います。なるべく物のないシンプルな背景が望ましいでしょう。壁やカーテンを背景にするのが望ましいです。

③ カメラの高さを目線と同じくらいにしましょう。
カメラの高さや角度に注意をしましょう。向かい合って会話をしている印象にする為、高さや角度は目線と同じようにしましょう。

④ 声を大きくはっきり出しましょう。
オンラインでの会話の場合、少し声のトーンが暗くなる印象があるので、いつもよりも大きくはっきりと声を出す意識が必要です。

⑤ 必ず自宅でおこないましょう。
私は経験ありませんが、事例として外出時のカフェでオンラインお見合いをされた方がいらっしゃるそうです。お相手からすれば周りの目も気になりますし、落ち着いて会話ができないので、自宅でおこないましょう。

⑥ アカウント名は平仮名の苗字にしましょう。
IBJでのお見合いの場合、お互いに苗字のみ公開となりますので、オンラインでも苗字のみの公開となります。開始後にホストでも変更ができますが、万が一の場合のために事前にアカウント名を苗字のみに変更しておきましょう。ひらがなでの表示が望ましいとのことです。

⑦ 最初のあいさつ、最後のお礼はしっかりしましょう。
通常のお見合いと同様に最初の挨拶「おはようございます。・こんにちは。・こんばんは。」「今日はよろしくお願いします。」と明るく挨拶していただく方はとても印象が良いです。また、最後の終了に「ありがとうございました。」と伝え、画面越しにお辞儀(頭のてっぺんが見えるくらい)や手を振るなど、動作によって敬意ある態度があると、より印象が良いです。

⑧ ネットの通信環境が良い場所でおこないましょう。
通信環境が悪く会話中に音声が途切れたり、画面が止まってしまう事例が起きております。必ず通信環境が良い場所でおこないましょう。

⑨ スマホの場合、充電をしてからおこないましょう。
会話中にスマホの充電が切れる事例も起きております。必ず充電をしてからおこないましょう。

執筆者:中島 賢太郎

【2019年上半期&下半期 IBJ入会優秀賞・成婚優秀賞 ・2020年上半期 IBJ入会成長賞 受賞】東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月に当時のIBJ史上最年少の加盟代表者としてブライダルパートナーズを設立。2019年の成婚率68.4%達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や警察官専門の縁結び会「東京都警察良縁会」などを主催。