【第145話】「断るよりも、断られたい。」は優しい判断ではない

「お相手のことを考えると、交際終了をするのが心苦しいです…。」というご相談を男女問わず度々いただきます。

ご自身の優柔不断さが原因で「断るよりも、断られたい。」という判断は、お相手に対する優しさではなく、迷惑行為だと私は考えます。お互いにより良いご縁に向けて動いていくためにも中途半端な状況を完結し、次のご縁に向けて動いていくことが大切です。

「断るよりも、断られたい。」の癖がつくと、結果的に自分自身の婚活が迷走しやすくなります。主体性に欠けることで、他人に振り回されやすくなると言えるでしょう。ご自身とお相手のためにも決断は1日でも早い方がおすすめです。判断に悩む場合は、一緒に考えさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

【お願い】婚活応援コラムは、あくまでも中島の経験上でのアドバイスであり、絶対的な内容ではありません。参考としてお役に立てましたら幸いです。