• 電話番号・営業時間

    050-3735-2525

    営業時間 10:00〜20:00 定休日 火曜日

  • お問い合わせはこちら

  • 入会相談

成婚応援コラム Column

第68話:人間関係を深めるための3つのステップ

学生の頃はなかなか友人たちとコミュニケーションができず、クラスに馴染めない学生生活を送っていた私ですが、大学でコミュニケーション学を学ぶようになり、少しずつ対人関係が楽しくなっていきました。現在では、年齢、性別、社会的な立場関係なく、色々な人との関わり合いを持つようになり光栄に思っています。

最近では過去の学生時代の友人たちとも打ち解けあえるようになり、結婚に関する相談で連絡があるのですが、昔の私がみたらびっくりすることでしょう。

人間関係を深めるために私が心がけている3つのステップをご紹介させていただきます。「お見合いで何を話したらいいのか分からない」「交際をどのように深めていけばいいのか分からない」といったご相談をこれまでに沢山いただいてきましたが、ちょっとしたコツがあるように思います。

① 共通点を探す。

② 自己開示をする。

③ 体験を共有する。

上記の3つのステップをふまえてコミュニケーションを図ることで、少しずつ関係性が深まっていくように思います。仕事でも婚活でも、プライベートでの友人作りでも基本的に同じステップです。

① 共通点を探す。

共通点はさまざま挙げることができますが、私の場合、最近の人間関係でいえば「出身地」「現在の住まいの地域」「出身大学」「趣味」「学び」「グルメ」「仕事」「人生理念」などの共通点で、関係が深まることが多いです。なかなか共通点がないと話題が膨らまないので、関係性を深めることは難しいです。

② 自己開示をする。

共通点が見つかり、この人と関係を深めたいと思った場合は、なるべく早く再会をするために自分から連絡をします。縁があれば、早くお会いできますし、縁がなければ時間がかかります。これも縁だと割り切れば精神的に楽です。

再会した後は、自分がまたお会いしたいと素直に思った理由、自分の身の上話や、人によっては悩み相談をしてしまいますが、自分から気持ちを開示していくことによって、関係性が深くなっていくように思います。特に、相談をすることで、その後の進捗状況をお相手と共有できるので、連絡を取りやすいです。

そういえば、以前、交際まもなくして転職に関する相談をお相手の男性にされた女性会員様がいらっしゃいましたが、結果的にご成婚になられました。人生を左右する深刻な相談を親身に聞いてもらえるのか、とても重要なポイントになると思います。

③ 体験を共有する。

共通点もあり、さらりと自己開示をできる関係になれれば、あとはお互いに楽しめる体験を共有し時間を共有することが大切です。何か共通の趣味や食事、ドライブなどを通じて、共に過ごす時間を増やしていくこと。なるべく多く、なるべく長く、お会いすることで関係がますます深まっていくことでしょう。

そのためにも、お互いにどんなことに興味があるのか、一緒にどんな体験を楽しんでいきたいのか、自分からデート雑誌を購入して行ってみたい場所を探したり、お相手の興味関心を聞いてみることが大切になります。

最後に…

私も人間関係に関する悩みは尽きませんが、6年前にポテンシャルプロファイリングという生年月日からみる人の先天的な性格気質を2年間勉強させていただいたのですが、結果的に対人関係の摩擦が激減しました。こちらの話題はまた別の記事でまとめていければと思います。

ご興味のある会員様は面談時に「ポテンシャルプロファイリングについて、詳しく聞きたい。」とお伝えください。あなたの性格気質やどのような気質のお相手と相性が合いやすいのか、もし交際相手がいる場合は、お相手との関係がより円滑になる秘訣について、お伝えさせていただきます。

中島 賢太郎

執筆者:中島 賢太郎

2010年に創業。東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学 情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始める。25歳の時に結婚相談所を開業。ほぼ独学で実績を積み、担当する会員の6割以上を成婚に導く。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型(日本橋・神田・浅草エリア中心)の婚活支援に意識を向け、神田明神の協力を得て開催をする「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会」などを主催。