相談所日記 Blog

結婚相談所の中途解約に関するご相談

相談所日記

稀ではありますが、過去に活動していた相談所と納得のいかない契約トラブルが起きた方にご来社をいただきます。

以前、契約書に明記されていない不当な退会手数料3万円を請求されました。」とのことで、トラブルが起きていました。ご本人も納得いっていなかったようなので、「ご入会をいただく前にまずは、現在の状況を整理してから活動しましょう。」ということになり、私も黒子として友人の弁護士にアドバイスを求めて手配をおこない、先方の同意の上で請求を棄却することがありました。

おそらく、泣け寝入りをして、請求に応じた方も多いのかもしれません。契約書をみても、たしかに退会手数料に関する明記はありませんでした。とても残念で仕方ありません。

また、意外と中途解約を知らずにもったいないことをされている会員様がいらっしゃり、つい先日、もし活動する意思がないのであれば、返金をしてもらった方がいいと提案をさせていただいたことがありました。なぜなら最初にまとまった年間利用料を支払った後、完全に放置されていた状態で私にご相談があったので、それなら中途解約をして少しでも返金をしてもらった方がいいと思ったからです。

近日中に具体的な返金金額が分かりますが、おそらくは7万円程は返金があるはずです。

【サービス提供前に中途解約した場合
もしあなたがクーリングオフの契約から8日以内を過ぎた場合で、かつ、サービス提供前に解約をしようとした場合、3万円(税込)を上限とし損害賠償が発生します。

【サービス提供開始後に中途解約した場合
ご入会時、料金プランによっては年間で発生する料金を前払いで支払っている場合がありますが、活動途中で解約する場合、契約内容によっては返金があります。

結婚相談所での場合、中途解約の規定は「2万円か契約残額の20%に相当する額のいずれか低い方」が解約金として発生します。加えて、すでに提供を受けたサービスの費用についても負担することになりますが、まだ受けていないサービスの月会費分は返金の対象となります。

例えば、仮に入会金として10万円、月会費1.5万円を年払い(1.5万円×12ヶ月=18万円)として、初回に28万円を支払った場合で契約から半年経過した時に解約をする場合、残りの期間の月会費(1.5万円×6ヶ月)の9万円が返金の対象となり、9万円−1.8万円(9万円×20%)の計7.2万円が返金となるはずです。

同様のご依頼があり、ご本人から相談所に内容証明を送られたようですが、どのような処置になるのか、私も見守らせていただきますし、状況に応じてフォローさせていただきます。

最近、多種多様なご相談が増えて来ました。
快適にご活動いただく為にも過去の整理はとても重要なことだと思います。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にあるIBJ優良加盟店の結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ・東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。

学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月に当時のIBJ史上最年少の加盟相談所としてブライダルパートナーズを設立。【対面・オンライン・お電話・メール】によるご相談件数は延べ10,000回以上・延べ成婚実績100組以上。2020年の成婚率65.0%(2020年1月〜12月の退会者:20名のうち13名が成婚退会)達成。体系化したBP式成婚メソッドにより、安定して成婚に貢献中。

2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」・警察官専門の縁結び会「警察良縁会」・日本橋の老舗企業とのコラボによる「日本橋良縁会」などの企画責任者。

【IBJ表彰 受賞歴】
① 2019年上期:入会優秀賞
② 2019年上期:成婚優秀賞
③ 2019年下期:入会優秀賞
④ 2019年下期:成婚優秀賞
⑤ 2020年上期:入会優秀賞
⑥ 2020年下期:入会優秀賞
⑦ 2020年下期:成婚優秀賞