• お問い合わせ

  • 入会相談

相談所日記 Blog

活動10ヶ月での成婚退会(37歳・女性)

相談所日記

昨夜は活動10ヶ月でご成婚が成立された37歳の女性会員様にご来社いただき、成婚インタビューをさせていただきました。活動中は苦楽を共にさせていただき、最後は心配になる出来事もありましたが、無事に乗り越えられてのご成婚となりました。

ご自身の発言で特に印象的だったのは、「自分の気持ちを言葉にして伝えないと、相手に伝わらないことが良く分かりました。察してもらうのではなく、自分の気持ちを言葉にして伝えることの大切さを活動を通じて実感しました。」ということ。

結婚相談所での活動には、すべて会員様に交際期限があります。限りある交際期間中、いかに深いコミュニケーションを図っていけば良いのか。そのシンプルな答えは、「自分の気持ちを素直に相手に伝えること。」にあります。

ただ、自分の気持ちや感情を素直に伝えるためには、まずは自分の中で気持ちや感情を整理することが先になります。そのために私との面談を通じて、話し合いながら言語化することにより、整理していくことが必要かと考えています。

1年以内にご成婚される方の共通点は「ほぼ毎月、面談でご来社いただいていること」です。話し合いながら言語化することにより、活動状況を整理し、次に何をしたら良いのか、ご自身の中で気付かれることが多いように思います。

最近、入会説明での質問で、「なぜ面談のサポートが必要なのですか?」というご質問をいただきます。その答えは、「活動中、話し合いながら言語化することにより、自分の気持ちや感情を整理していくことが必要だからです。」が私の回答です。

この質問は、婚活経験がゼロの方からご質問をいただくことが多く、その回答にピンと来る人、来ない人がいると思いますが、私はピンと来る人と共に活動をご一緒させていただきたいと考えています。これまで自力で一生懸命に頑張って来られた方には、多く場合、ピンと来ていただいているように思います。

今回ご協力いただいた成婚インタビューは、近日中に記事をまとめてサイトに掲載させていただきます。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2018年は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「警察良縁会」などを主催。