相談所日記 Blog

【夏越の祓】夫婦で上半期の”けがれ”を落としました。

相談所日記

今夜は、夫婦で伝統行事「夏越の祓(なごしのはらえ)」のため、鳥越神社(台東区)に参拝しました。

旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、半年分の穢れ(けがれ)を落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)にまでさかのぼるようですが、現在でも6月30日ごろ日本各地の神社で行なわれている伝統行事のようです。

お恥ずかしながら、結婚するまで全くといっていいほど伝統行事に関心がなく、お正月の初詣以外あまり神社に参拝しにいくことはありませんでした。幼少の頃から神社参拝や伝統行事を家族でおこなっていた妻の影響で、現在では毎日、通勤途中と帰宅時に神社に参拝するようになりました。

結婚の魅力のひとつに「お互いの習慣の幅をひろげる」ことが挙げられると思いますが、まさに私にとって神社参拝や伝統行事のおこないは妻と結婚したからこそ習慣化しました。

いよいよ明日から下半期のスタートです。年末に向けて、ご成婚のお役に立てるように気持ち新たにがんばっていきたいと思います。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。