婚活応援コラム Column

【第7話】男性が「結婚したい女性」と「恋愛したい女性」の違い

先日、婚活を特集するテレビ番組で、興味深い話がありました。恋愛と結婚で、男性が求めるものに大きく相違があるとのこと。

「結婚したい女性」と「恋愛したい女性」の違いは、主に6つあるそうです。

1. 家計をきちんと守れる
2. 料理などの家事ができる
3. 家を任せられる
4. 安心して子供を育てられそう
5. 自分の親に好かれそう
6. 思いやりがあり優しい


このデータを見て私も共感することが多く、結婚相談所で活動されている女性のプロフィールで「派手な印象の写真」また「過度にお金がかかりそうな贅沢な趣味の明記」をされている方は、男性から敬遠される傾向にあります。

実際のところ、素朴で家庭的な女性の方が、早々に成婚に至っているように思います。その理由として、「家計をきちんと守れそうか」を考えた場合に、直感的に「お金がかかりそうな女性だな」と思うと、結婚相手の対象から外れてしまうからでしょう。

活動当初、女性慣れをしていない男性の多くが、(写真で)華やかな印象の女性とのお見合いを希望されますが、実際にお会いされた結果「外見よりも、家庭的な人の方がいいな」とご自身が気付き、希望が変化していくことが度々あります。

また、お見合い時に男性から料理に関する質問が多いのも、結婚後の料理を気にする男性が多いということでしょう。以前、「男性は、若くて綺麗な女性であれば誰でも良いのよね」という同業者の発言を何度か耳にしましたが、私はそうは一概に言えないと考えています。

もちろん容姿端麗な女性に惹かれるのは間違いありませんが、結婚をイメージするとなると、容姿に加えて、生活の価値観が似ているかどうかが重要になります。

執筆者:中島 賢太郎

【2019年上半期&下半期 IBJ優秀賞受賞(入会優秀賞・成婚優秀賞)】東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月に当時のIBJ史上最年少の加盟相談所としてブライダルパートナーズを設立。2019年の成婚率68.4%(2019年1月〜12月の退会者:19名のうち13名が成婚退会)達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や警察官専門の縁結び会「東京都警察良縁会」などを主催。