【第191話】自分と性格や価値観が合わない人への対処法

先日、私生活で久しぶりに性格や価値観(人生観)が合わない人と遭遇する機会があったのですが、私のおすすめの対処法は、論破・反論をすることなく、無感情(演技可能な方であれば、表面的に笑顔)で対応し、二度と関わらないのが賢い方法だと考えています。

大切な人生、自分を一方的に卑下・批判・大切にしてくれないと感じる人との関係は一秒でも避けた方が幸せです。嫌悪感や敵対心を抱く可能性が高いですが、そうした感情を抱くことも勿体ない時間だと思います。

お見合いや仮交際中でも、自分に合わない人との遭遇は誰しも起こり合えるもの。その場合、いかに反面教師として「今回は、学ぶためのご縁」と気持ちを切り替え、「こういう発言、態度、対応は今後の自分の人生で他人にしないよう心がけよう。」と、肯定的に考えられるようになれば気持ちが楽になるのではないでしょうか。

自分に合わない人と遭遇した場合の哲学集について、偉人の名言をまとめてみました。

・賢い人でも無知なものと争うと、無知に陥ってしまう」(ゲーテ)
・素直な心になったならば、いらざる対立や争いがおこりにくくなって、和やかな姿が保たれるようになる」(松下 幸之助)
・人生は他人を負かすなんてケチくさい卑小なものじゃない」(岡本 太郎)
・争いごとをするのだったら、離れるほうがいい」(斎藤 一人)

・さよならすることで、人間関係の大半は解決する」(M・I・ローゼン)
・対抗心と敵対心をなくせば、自由と平和が訪れる」(J・アレン)