【第14話】時には本人の口から伝えなくてはいけない時がある

活動期間中はいつでも私たちがご相談にのらせていただきますが、成婚退会は当人同士で話し合わなくてはいけないこが沢山あります。そのため、たいせつなお話はなるべく私たちを介さずに二人で話し合うことが重要だと思います。

些細なことで言いづらいことがあれば、私たちを通じて、交際相手にお伝えすることもありますが、二人で話し合いが必要だと思うことは、なるべくご本人の口からお伝えいただくようアドバイスをさせていただいています。

たとえば、仮のお付き合いから真剣な交際にステップアップしたい時に、私たちを通じて「本人が真剣交際をしたいようなのですが、いかがでしょうか。」とお相手に伝えることは避けたいと考えています。本人のためにはならないからです。

「いつ、どのようなタイミングで、どのように自分の気持ちを伝えるか。」については、一緒に考えさせていただいていますので、お気軽にご相談くださいね。