相談所日記 Blog

入会説明会で大切にしている3つのこと

相談所日記

本日も午前中からオンラインによる入会説明会をさせていただきました。
他社で活動中の女性ですが、乗り換えを検討されている中で見つけていただけたとのこと。

最後に「仮に成婚できなかったとしても、中島さんと一緒に活動した結果であれば、後悔がないと思える説明会でした。」

とおっしゃっていただき、感謝感激です。もちろんご成婚に向けて最大限の努力をさせていただきますが、これ以上ないお言葉をいただき光栄に思います。

10年間、毎回の説明会のたびに自己改善をし、現在に至りますが、特に大切にしているのは「①ご本人のご希望・ご意向を尊重すること」「②できない要求・要望は出来ませんとはっきり伝えること」「③活動の流れ・料金を具体的に説明すること」の3つです。

ご本人の希望を尊重しつつ、ご要望に応えられることは「出来ます」と伝え、応えられないことは「出来ません」と事前にお伝えすることは少し勇気がいりますがお伝えするようにしています。結婚相談所の活動において仲人と会員様の信頼関係が非常に大切になります。信頼関係を築く上で入会説明会の時点で誠実な対応が重要だと考えています。

当相談所にご関心をいただく方の半数以上は大手の結婚相談所様で活動経験がおありの方です。活動中にあまり相談にのっていただけなかったご経験から、「話し合いながら活動をすすめられる結婚相談所」を求めてお問い合わせをいただくことが多い状況です。

当相談所において連絡の頻度の多い会員様の場合、メールでのご連絡は、お見合いの日程調整や交際中の報連相でほぼ毎日、対面での面談は月に1〜2回、オンラインやお電話でのご相談(30分〜1時間ほど)は月に2〜3回はさせていただいています。オンラインやお電話でのご相談は面談回数に含めず随時可能とさせていただいていますので、会員様はお気軽にご予約いただければと存じます。

ご連絡やご相談のご連絡は、営業時間内であれば、遅くとも2〜3時間以内(面談対応がある場合は遅くなる場合があります)に返信をさせていただいているので、そうした綿密なフォローを求めてご依頼いただいていることが多いように思います。また、ご連絡に対する返信を小まめにすることで、安心して活動いただけると考えています。

本日も2名様にご説明させていただき、貴重なお時間をいただきありがたく思っております。ご入会いただいた際にはお役に立てるように誠心誠意、尽力させていただきます。会員のみなさまも引き続きよろしくお願いいたします。

執筆者:中島 賢太郎

【2019年上半期&下半期 IBJ入会優秀賞・成婚優秀賞 ・2020年上半期 IBJ入会成長賞 受賞】東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月に当時のIBJ史上最年少の加盟代表者としてブライダルパートナーズを設立。2019年の成婚率68.4%達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や警察官専門の縁結び会「東京都警察良縁会」などを主催。