相談所日記 Blog

新たな縁結びイベントのプロデュース依頼

相談所日記

今年は、神田明神、東京小売酒販組合、警察署など、あらゆる団体との協業により、縁結びイベントを開催させていただいています。新たに企画の依頼をいただき、おそらくとても大きな企画に成長していきそうなので、今からとてもわくわくしています。

依頼主の団体からはネットで告知せずに紹介制で企画をして欲しいと依頼されているので、詳細をお伝えできないことが残念です。

私はブライダルパートナーズを開業する前、毎週のように合コンやパーティーの主催をしていたのですが、当時は私が20代前半で参加者の多くが30代だった為、主催者というよりも召使いのようにこき使われていたことを思い出します。

なので、長い間イベント主催恐怖症のような感じが続いていたのですが、久しぶりにイベントを再開したところ、主催者として運営ができるようになっていることに気づき、成長を実感しています。自信がついてきたことと比例して、ご依頼が増えてきて嬉しいです。

今後の目標は、今までにない縁結びイベントを確立すること。それは、単に出会いの場だけをつくるのではなく、その先にある目標達成(つまり結婚)に向けて、フォローを続けていく仕組みができたらと考えています。結婚相談所と婚活イベントの中間的な位置付けで仕組みができればと思っています。これからクリスマスシーズンに向けて、企画を実現できるように尽力していきたいと思います。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。