• 入会相談

  • 資料請求はこちら

相談所日記 Blog

子が知らない間に親が勝手に結婚相談所に入会し、トラブル多発。

相談所日記
【転載】国民生活センターホームページより。

消費生活センターへの結婚相手紹介サービスにおけるトラブルの25%が親が関与しているトラブルであることが国民生活センターのホームページで公開されました。

【子の未婚は親の責任?結婚相手紹介サービスの親への訪問や電話勧誘にご注意ください。】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html

私も親御様が関与する依頼でトラブルになりかけたことがあるのですが、親御様から「私の息子(または娘)が結婚したがっているので、おたくに入会させてもらえませんか?」と電話をいただき、「それでは、ご本人様と一緒にご来社ください。」と言って電話を切ったのち、当日ご来社いただいた際、「本人が仕事で来れなくなったので、代わりに入会の手続きをします。」と、言われたことがありました。

とても嫌な予感がしたので、改めてご本人と一緒にご来社いただくようにお伝えして、資料だけお渡しをして帰っていただいたことがあるのですが、後日ご来社いただくことはありませんでした。おそらく、ご本人にそれほど結婚願望がないものの、親御様が焦っていたのだと推測します。もしあの時、目先の利益に囚われて言われるがままご入会をいただいたら、色々と大変だったと思います。

また、別のトラブルになりかけた事例としては、私がお世話になっている方からのご紹介で親御様(母親)ご来社になり、一通りの説明をさせていただいた後、「ご本人にも説明をさせてください。」とはっきりお伝えしてお帰りになられた後、日を改めて32歳のお嬢様がご来社になられた時のことを思い出しました。

「母からの紹介で来ました。特にホームページはみていないので、1から説明をしてください。」と言われたので、嫌な予感がしつつ、一通り説明をすると「ネットを利用して活動するなんて母から聞いていません!私はネットに出るのが怖いので、入会はやます!」と、なぜか私の目の前でキレ始め、対応に困ったことがありました。

いくら母親からの紹介とはいえ、ホームページも見ずにご来社いただくということは、就職する際に親からの紹介で企業面接に行く際、会社概要や詳しい仕事内容を知らずに面接に行くことと同じことだと思います。

やはり、主体的にご自身で結婚相談所に入会しようと決意された後にご来社いただく方と、上記の事例のように受動的に親から言われるがままにご来社された方とは、まったく意識レベルに差があるので、その出来事があってから親御様からの問い合わせに対して非常に慎重になりました。

業者の立場からみて、ご本人にお会いして活動の意思を確認することなく、親御様を説得して入会を促してもトラブル対応に追われることが目にみえています。こうしたトラブルが1件でもなくなることを切に願います。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。