• 入会相談

  • 資料請求はこちら

成婚応援コラム Column

第72話:あなたの婚活に対する優先順位を知る方法

「仕事や資格試験が忙しいので、婚活(お見合いやデート)の時間をつくれません。」と言われる会員様や、交際中にお相手から言われて悩むご相談が度々あります。

就活中の学生が「アルバイトが忙しいので、面接の時間をつくれません。」と言うのと同じですが、そんなこと言う学生は存在するのでしょうか。

就活の場合、同時期に同級生が一斉に活動を始め、自分よりも早く内定が出た同級生がいれば焦ります。婚活は自分が結婚をしたいと思ったタイミングでスタートし、基本的には友人に活動していることを話すことなく、こっそりと活動する方が多いので、ご自身が真剣に「危機感」を感じないと、色々な理由をつけて現実逃避をするのです。

大抵こういう人は、お会いした際や日頃のメールのやり取りで「真剣にがんばります!」と口先だけは達者なのですが、いざお見合いや交際が成立すると仕事理由に現実逃避をされる傾向があります。そして、ダラダラとした活動が続き、あっという間に1年が過ぎてしまうのです。

どんなに条件が良く、ご本人は結婚したいと思っていたとしても、現実を冷静に客観視し「この時期だけは仕事よりも婚活を優先しよう!」と決意をしないと、なかなかご成婚までの道のりは遠いものだと思います。結局は優先順位の問題であり、無意識レベルで婚活を優先する人だけが良い結果に至っているように思います。

無意識レベルで婚活を優先しているかどうかの判断は、昼休みにシステムにログインしているか否かだと思います。昼休みと言うのは一例ですが、毎日ふと時間があれば、ついついシステムにログインをして異性を探してしまうのか否か。それが無意識レベルで婚活を優先している人であり、相談所から連絡があった時だけログインをしている人は無意識レベルで婚活は二の次、三の次と言えるでしょう。結局、その差なのです。(※ただし、真剣交際中はログインの必要がないので、当てはまりません。)

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。