• 電話番号・営業時間

    050-3735-2525

    営業時間 10:00〜20:00 定休日 火曜日

  • お問い合わせはこちら

  • 入会相談

成婚応援コラム Column

第32話:なぜ他社で全くうまくいかなかった人が、ブライダルパートナーズで成婚するのか

 私が担当させていただく会員様の半数以上は、他社で活動経験があり、残念ながら他社では縁がなかった人です。過去、特に思い出深い事例は以下の3つです。

・ 地元の仲人型の相談所で1年で30名とお見合いをしたものの縁がなく、弊社で6ヶ月活動し、7歳年下の女性と成婚した45歳の男性。

・ 結婚相談所で18年間、10社以上で活動したものの縁がなく、弊社で2ヶ月活動し、9歳年下の男性と成婚した40歳の女性。

先日、他社の結婚相談所で1年間活動したものの縁がなかった31歳の男性が活動5ヶ月(交際期間2ヶ月)(お相手と縁があったのは1ヶ月前)で成婚退会をされました。

なぜ、他社で縁がなかった人が、弊社で成婚していくのか。その理由は3つあると思います。

① ご自身の魅力を文章・写真共にプロフィールで伝えられていなかった。
→ プロフィールの差で、活動の質が変わってきます。全く同じシステムを利用しているのにも関わらず、プロフィールを変えただけで成立率が2倍以上になるのはよくあることです。このプロフィールづくりに特化したサービスメニューを取り入れる予定です。

② ご自身が求める結婚相手の理想が曖昧だった。
→ 無闇に申し込みをするだけでは適当な結果しか得られません。ある程度は結婚観を具体的にし、譲れない条件を3つに絞り、照準を合わせた上でお見合いをしていくと、お見合いや交際の判断がしやすいです。この照準合わせに関しては独自で開発したワークを通じてお伝えさせていただきます。

③ 担当仲人が事務的で面談を必要としていなかった。
→「とにかく考えずに会う数を増やせばいい!」という、アドバイスを受け、言われるがままにお見合いをしたものの疲弊し、挫折する人は少なくありません。また、入会してから1度も担当者が面談をしてくれなかったという事例も意外と多いことに驚きます。
 
 たしかに数打ちあたる法則があると思いますが、大切なのは、うまくいかない原因や交際が進展していかない心理的原因を面談を通じて話し合い、常に内省していく作業が必要なのです。この内省化によって、着実に活動を前に進めていくことが出来ます。なので、私たちは毎月の面談をすべての会員様にご提案させていただいています。

私の活動理念に「必要以上のお金と労力をかけずに、成婚に導く。」がありますが、これからも理念沿ってサポートをさせていただきたいと思います。

中島 賢太郎

執筆者:中島 賢太郎

2010年に創業。東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学 情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始める。25歳の時に結婚相談所を開業。ほぼ独学で実績を積み、担当する会員の6割以上を成婚に導く。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型(日本橋・神田・浅草エリア中心)の婚活支援に意識を向け、神田明神の協力を得て開催をする「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会」などを主催。