• 電話番号・営業時間

    050-3735-2525

    営業時間 10:00〜20:00 定休日 火曜日

  • お問い合わせはこちら

  • 入会相談

成婚応援コラム Column

第28話:靴は口ほどに物を言う。

私は昔から靴が好きで、つい人の靴を見てしまう癖があります。靴は、日常のパートナーとも言え、履いている靴のセンスや手入れによって、その人のセンスや生活感が見えてくると言っても過言ではないかもしれません。

婚活でいうと、成婚が近い人ほど靴に気をつかわれていることが多い。または、当初は汚い靴でも、途中から気をつかい始めることが多いように思います。男性の場合は、とにかく靴のメンテナンスが重要であり、かかとが磨り減ったビジネスシューズや、磨かれていない靴をみると、まずは靴のメンテナンス、または、新しく購入をすすめています。

決して高い靴である必要はありませんが、ある程度は質の良いものがいいでしょう。私個人は、大学時代から42ND ROYAL HIGHLANDで靴を購入していますが、デザインもさることながら長く愛用ができて重宝しています。

女性は、最近だとモコモコブーツやランニングシューズは控えた方が良いでしょう。過去に数名、入会説明時にそれらの靴にお越しになられた方がいましたが、活動するなら、すぐに靴への意識を変えるように提案をさせていただきました。

過去にただ1人、スニーカーにジーンズ、パーカーのスタイルで入会説明にお越しいただいた女性がいたのですが、彼女からの「入会を検討していますが、写真撮影やお見合いも同じ服装でいいですか?ダメなら入会しないです。」と、自己完結的な発言をされましたが、もちろん入会を丁重にご遠慮いただきました。

あくまでも私たちは成婚第一主義を理念として活動しているので、ご自身がその他大勢の中から選ばれる為の装いは非常に重要だと思うのです。特に男性は、仕事上でも靴のメンテナンスが大切だと思います。

中島 賢太郎

執筆者:中島 賢太郎

2010年に創業。東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学 情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始める。25歳の時に結婚相談所を開業。ほぼ独学で実績を積み、担当する会員の6割以上を成婚に導く。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型(日本橋・神田・浅草エリア中心)の婚活支援に意識を向け、神田明神の協力を得て開催をする「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会」などを主催。