婚活応援コラム Column

第103話:結婚相談所での活動は、うさぎではなく亀が勝つ。

私が確信していることの1つに「うさぎではなく、亀が勝つ。」があります。

シンプルに計算をして、年間の入会者は約29,000名いながら、成婚退会者は約5,700名。成婚される方は全体の2割と言えます。(活動期間が1年以上であったり、相談所を乗り換えされる方もいるので、実際はもっと少ないと思います。)

過去に恋愛経験が豊富であったり、一人で充分に自立された生活をされている、でもいつかは結婚したいと思い活動されている人の中に、人によっては「私は余裕があるので、結婚は縁があればで良い。本気になればいつでも結婚できる。」という、うさぎの考えの会員様と、過去の恋愛経験が乏しいながらも、真剣に結婚を目指し「次の誕生日までに結婚するために、活動期間は婚活を最優先にしてがんばろう!」という、堅実な亀の考え方の会員様を比較すると、亀の考え方の会員様の方が成婚が近いと私は思います。

何度かコラムに書きましたが、活動期間の私生活における優先順位において、うさぎは婚活が2番手以下なのに対し、亀は1番です。趣味よりも友人との時間よりも婚活が1番。言わば、就職活動期間中に志望する企業の面接よりもサークルやバイトを優先する人はいないでしょう。それを、婚活だとズレてしまう人が意外と多いのです。

例えば、お見合いは土日ではなく、平日の仕事終わりのみ。もしくは土日の暇な時だけ。交際が成立しても、希望日は平日のみの指定。お相手から連絡があっても返信に2日以上かかる。次に会うまでに3週間以上かかるなど、これは完全にうさぎの特徴です。

目標の活動期間を決めたら、私生活の優先順位において婚活を1番にすること。そして、じっくり地道にコツコツと活動(お見合い、交際、仲人との報連相、自己改善)を続けること。そうした亀の方が、結果的に目標達成すると私は確信しています。

※引用元:データでわかる日本結婚相談所連盟より
https://www.ibjapan.com/check/

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。