婚活応援コラム Column

【第4話】成婚するカップルの共通点

結婚相談所の業務において至福のひと時は、成婚退会の際にカップルでご来社いただくことです。

昨日は37歳の女性(自社会員様)と40歳の男性(他社会員様)カップルにご来社いただきました。

私が担当させていただいた女性は、4月に入会・5月にお見合い・9月に成婚退会とトントン拍子に良縁に恵まれ、とても嬉しく思います。

成婚されるカップルの特徴として1つ言えることは、毎月の面談にお越しいただいていること。常に報連相を心がけ、ご自身がどうしたいのか気持ちをクリアにして次のデートに向けて動かれています。

反面、不思議と全く活動が進展しない人の多くは、報告も面談もありません。こちらから連絡しても返事がないか、非常に遅い特徴があります。信頼関係が築けず残念です。

結婚相談所の優位性の1つとして、担当者のサポートにより客観的に自分が置かれている状況や次に何をすれば良いのか、明確になること。そして、何があっても相談できる安心感があること。自力で婚活されたい人には向きませんが、話し合いながら婚活をされたい人にはきっとお役に立てると思います。

私が定義する成婚とは「会員様と仲人との努力によってうまれる、愛の結晶」なのです。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2018年は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力する。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「警察良縁会」などを主催。