相談所日記 Blog

マル適マークの更新合格通知

相談所日記

特定非営利活動法人「日本ライフデザインカウンセラー協会」から更新の合格通知書(通称:マル適マーク)が届きました。昨今、ますます事業者が増えている婚活業界において、第三者機関の認証があるか否かは、相談所を選ぶうえで大切な条件の1つになっています。

マル適マークの認証を得るには、ホームページの内容やお客様にお渡ししている契約書や会員規約、パンフレットの内容が法に基づいているのか、事務所内に鍵付きの書類ボックスが設置されているのか、など細く審査がおこなわれます。

今年の1月に知人の紹介でご相談をいただいた女性は、入会した相談所にクーリングオフを求めたところ、応じず音信不通に。相談所が所属する団体(IBJではありません。)に問い合わせをしたところ、相談所から団体の退会依頼があったとのことで、入会金(15万円)を持ち逃げしようとしていることが発覚。現在も返金に応じていないようですが、こうした結婚相談所の存在があることが残念でなりません。

ブライダルパートナーズは、会員のみなさまに安心してご活動いただくためにも第三者機関による審査をしっかりと受けて、これからも誠実に運営をしていきたいと思います。

執筆者:中島 賢太郎

東京都中央区日本橋(人形町)にある、結婚相談所ブライダルパートナーズ代表。千葉県茂原市生まれ、東京都台東区在住。明治大学情報コミュニケーション学部卒。学生時代から社会人の縁結びを始め、2010年4月にブライダルパートナーズを設立。ほぼ独学で実績を積み、2017年度は入会から1年以内の成婚率80%以上達成。自身が体系化したサポートの仕組みと実際にご成婚された方々からの相談内容や活動データをもとに次のご成婚に向けて尽力をする。2017年から地域密着型の婚活支援に意識を向け、江戸総鎮守・神田明神公認の縁結び会「明神良縁会」や台東区内の警察署との共同開催による「東京都警察良縁会(第六方面委員会)」などを主催。