• 電話番号・営業時間

    050-3735-2525

    営業時間 10:00〜20:00 定休日 火曜日

  • お問い合わせはこちら

  • 入会相談

ご成婚の声 Voice

ご成婚の声3(藤森様・37歳女性・活動7ヶ月)

藤森 さま (仮名)

自社会員: 女性(37歳・初婚・法政大学卒)
お住まい:東京都
ご職業:会社員
活動期間:7ヶ月
交際期間:5ヶ月

田口 さま (仮名)

婚約者様: 男性(36歳・初婚・早稲田大学卒)
お住まい:東京都
ご職業:会社員(年収600-700万円)

ブライダルパートナーズに入会するまでの経緯を教えていただけますか?

最初は友人のアドバイスで結婚相談所での活動が効率的だと教えてもらい、その中でもIBJの加盟相談所で、個人で経営をされている相談所が親身に相談にのってくれるとのことで、ネットで自分に合いそうな相談所を検索をしていました。結果的に御社と、もう1社で比較検討していたのですが、中島さんと千葉さんからの説明で話が合うと思い、入会をすることにしました。

 

入会する前と後では、相談所やお見合いに対するイメージはどう変わられましたか?

私の場合、もともと結婚相談所へのイメージが漠然としていましたし特に偏見はありませんでした。日常で出会うような一般的な男性が多かったですし、お見合い自体も普通の感覚で受け入れることができました。お見合いというと世間のイメージではテレビで観るような年配の女性仲人が間に入って、「あとは若い者同士で」みたいな印象がありますが、ホテルのラウンジで1時間くらいお茶ををするだけですし、職業柄初対面の人と会うことが多いので抵抗なく活動することができました。

 

田口さんとの交際中、関係を深めるために意識されていたことはありますか?

最初にお会いした時は友人だったら親しくなれると思いましたが、男性としてみるとよく分からない感覚でした。ただ、断る理由もなかったので、とりあえずは何回か会ってから判断しようという感じから交際を始めました。交際中にお互いに好きなバンドが一緒だったり、私が母と同居していたので、結婚後に実家の近くに住むことを許可してくれるなど、どうしても譲れない部分がクリアになっていくことで、少しずつ結婚をイメージすることが出来たように思います。

 

ご成婚に至るまでのエピソードがありましたら教えていただけますか?

第一印象は可もなく不可もなくの状態から交際が始まりましたが、彼が学生時代に学級委員や生徒会に関わっていた経験があるだけに年下ながらに頼り甲斐を感じることが多々ありました。また、物事をよく知っていて雑学にも詳しいことから、尊敬する部分もありました。一緒にいて違和感がありませんでしたし、特に気をつかうこともなく自然体で入られたことが決め手になったように思います。出会ってから間もないですし、とにかく結婚生活がイメージできるかどうかを意識していましたが、彼となら今までの自由奔放な実家暮らしのように、ある程度は自由でいられることが想像できましたし、食の好みも似ていたので、将来の結婚生活をイメージできるようになったのが決め手になったように思います。

 

現在活動中のみなさまにメッセージをお願い出来ますか?

まずはとにかく自分が結婚生活で実現したい夢をピックアップして、そこから現実的に削っていく作業が重要な気がします。そんなに多くを望まず、例えば友人としかできないこと、結婚相手としかできないことを徹底的に明確にして、自分がどういうポイントを結婚相手に求めているのか考える必要があると思います。それが結果的に自分の将来をつくっていくのではないでしょうか。私の場合、学生時代から共通の趣味を通じて友達をつくることが多かったので、趣味の共通点や共有できると思えるかどうかはとても大切なことだと思っています。